同棲中の恋人との喧嘩でむかつく!言ってNGな言動とイライラする感情の抑える方法

こんにちは。

 

同棲を開始する前は「恋人と毎日一緒に寝れるなんて幸せ!」だと思いますよね。

 

しかし、いざ同棲を開始すると、相手の嫌なところが見えてくるものです。

 

育った生活環境が違えば、家事や物の使い方など、考え方が違うのは当たり前でしょう。

だからこそ、意見の相違で喧嘩することはよくありますね。

 

今回は、そんな同棲中の恋人との喧嘩に悩んでいる方に、相手と別れないですむための、NG言動やイライラを抑える方法を紹介します。

 

男女ともに、参考にして欲しい内容になりますので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

同棲中の恋人との喧嘩でむかつく!言ってNGな言動3つ

喧嘩をすると、つい言い過ぎてしまったり、100%は思っていないことを口にしてしまうことがありますよね。

これから紹介するのは、これを言ったら相手からの信頼を失ってしまう可能性がある言動です。

別れたくないのであれば、この3つの言動はとらないように気をつけましょう。

 

喧嘩の度に別れを匂わす言動

何か嫌なことがある度に「もう出て行く!」「一緒に暮らせない!」など別れを意味する言葉を使ったり、家出をしたりするのは止めましょう。

毎回行うと、この言動の重要度が下がりますし、相手にうんざりされます。

 

別れを匂わして、恋人に事の重要さを知ってもらいたいのであれば

「この状況が続くなら、悲しいけど一緒には暮らせない。」

と言い、理由を論理的に説明するようにしましょう。

そうすることで、別れたくないけど言っているという気持ちを伝えることができます。

 

恋人の生活スタイルに否定的な言動

家事や掃除をする回数など、全てを自分の思い通りに行うために、相手に強要するのは止めましょう。

生活方法や考え方は人それぞれ違います。

同棲生活を快適に過ごすには、お互いの考え方を尊重し、一緒に住めるようにお互いに譲り合う必要があります。

 

恋人の生活スタイルに不満を感じるのであれば、喧嘩になる前に、話し合いましょう。

多くの場合、喧嘩になるまで、相手はあなたの不満に気がついていません。

まずは、不満を打ち明け、お互いに譲歩できる案を考えてみてください。

 

恋人の育った環境を侮辱する言動

恋人の料理法や行儀が、自分に合わない、もしくは正しくないからといって、すぐに否定的な言動をとるのはやめましょう。

それぞれの家庭環境によって、家の規則やマナーは変わってきます。

つまり、恋人の生活を否定することは、相手の育った生活環境や両親を侮辱することに繋がる可能性がありますよ。

 

たとえ、恋人の家の規則やマナーが一般的でないとしても、バカにするような態度は厳禁です!

恋人のことが好きで、別れたくないのであれば、相手に対する尊重と寛容を忘れないようにしましょう。

 

このように、恋人の心を傷つけたり、信頼を失うような言動はとらないようにしましょう。

その時は仲直りできたとしても、相手の傷ついた気持ちはその後も残り、関係がうまくいかなくなる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

同棲中の恋人との喧嘩でむかつく!イライラする感情の抑える方法

ときには本音で言い合い、喧嘩をすることは、恋人との仲を深めます。

しかし、毎日のようにイライラした感情を持って恋人と接することは、関係に終止符を打つかもしれません。

しかし、仕事など日常生活で、気持ちが荒立つことは誰にでもあります。

ここでは、イライラする感情を抑える方法を紹介しますよ。

 

とりあえず深呼吸をする

イライラした感情は、自分の呼吸を浅くします。

まずは深呼吸することで、心が落ち着くでしょう。

毎朝、瞑想ヨガといわれる、目を閉じて呼吸を感じる時間をつくることで、1日の心の状態を安定させてくれる場合があります。

日々、ストレスを感じている方は試してみると良いでしょう。

効率的に瞑想する方法はこちら↓

【瞑想・初心者向け】やり方を簡単にわかりやすく解説!正しい呼吸や時間を身につける

 

また、イライラする感情があっても寝ることができる方は、とりあえず寝て、次の日にもイライラしているか自分の気持ちを確かめましょう。

寝てる間に呼吸が繰り返されているので、次の日にはすっきりしている可能性がありますよ。

 

一人になれる空間を探す

恋人に対してイライラすることがある場合は、なぜイライラするのか一人で深く考えてみてください。

お風呂で半身浴をしたり、静かな空間でゆっくりと考えることで、原因と改善策がはっきりとし、恋人と冷静に話し合えるかもしれません。

 

多くの場合、喧嘩の原因はお互いにあります

そのため、いつも自分だけが被害者だとは思うことのないようにしましょう。

自分の悪い点を見直すことは、恋人に寛容な気持ちを持つきっけかになりますよ。

 

イライラする感情を持ったまま他者と接することは、恋人に対してだけでなく、仕事など、様々な場面で損をする可能性が高いです。

そのため、自分に合った、イライラを抑える方法を見つけておくことで、毎日が過ごしやすくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

同棲中の恋人と良い関係を続けたい方に向けて、喧嘩の際のNG言動やイライラを抑える方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

喧嘩することは悪いことではなく、自分をさらけ出し、恋人に自分を知ってもらえる良い機会です。

喧嘩を恐る必要はありませんが、相手に自分のイライラをそのままぶつけ続けると、相手の心労が増えてしまうでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました

 

恋人関係でも、夫婦関係でも、相手を思いやる気持ちが一緒に生活する上で大切なことでですよ。この記事を参考に、普段の自分の言動を見直してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

The following two tabs change content below.
chyamin
初めまして〜 私は1児の母の主婦です。 子育てを楽しみながら若々しくいるためには何が必要なのか? 最新美容を探すのが大好きです! いつまでも綺麗な肌でいたい✨ 美肌つくりの実体験記録もおこなっていきたいと思います。 とにかく気ままに発信していきます。 ツイッターやインスタしているので気軽に話しかけてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

chyamin

初めまして〜 私は1児の母の主婦です。 子育てを楽しみながら若々しくいるためには何が必要なのか? 最新美容を探すのが大好きです! いつまでも綺麗な肌でいたい✨ 美肌つくりの実体験記録もおこなっていきたいと思います。 とにかく気ままに発信していきます。 ツイッターやインスタしているので気軽に話しかけてくださいね♪